I N T R O D U C T I O N  &  A B O U T

ART OF LISTENING
米国音楽プレス出身の中野利樹(TOSH NAKANO)による国際ロック評論WEB。ポップ音楽が聴かれる文脈や背景、「音楽を読む幅の全体」の増幅拡張を志向、単層・単手にとどまらない多様な視点と構成に加え、米国実務経験で得た濃密な専門見地と本場米国で学んだ人文と音楽の学際見地、日本の音楽批評全般が本質的にしばしば回避してきている創察的見地を通して、新旧内外のポップ音楽とその周辺を著述していきます。

Bookmark and Share

【所収の批評はADVANCED CREATIVE WRITING形式を基に、黎明期からの米国音楽誌『CREEM』『CIRCUS』『ROLLING STONE』の批評精神と洞察眼、友情に対しても寄贈、献呈】。

Hi, PAT, GWEN & DAFTY.
中野利樹 (TOSH NAKANO).

portrait【 著者プロフィール 】

米国音楽プレス出身、マイケル・ジャクソン、ランディ・ニューマン、ボノ、ニール・ヤング、ブライアン・フェリー、フィリップ・グラスほか多数をインタビュー。米国で帰納音楽学・高等応用創造著述専攻 (ともに日本国内未開設)。国際音楽DB編纂と内外フォーラム・トーク・講座主催と参加実施、オフィス等の音楽環境構築と施設選曲、米国立公文書館 (NARA) 向けの音楽や映画等の文化CM&プロモ&広告発掘と申請保存業務他に、現地継続参画しています (インフォーマティブ・スタッフ兼)。

twitter

本WEB掲載の評論中、現在37点 (邦楽ものも含む) は

米国とドイツでの提携図書館と大学内、大学間の各WORKSHOP・著述専攻コース用外部テキストとして、各種関連団体の音楽・カルチャー催事や文化系討論フォーラム向けの英訳配布契約 + コメンタリー契約を結んでいます。
[2016年07月11日現在]
feed

Courtesy of Krokodil Promotions© et al.

本WEBは日本の作詞家、音楽評論家 湯川れい子氏の

『オフィス・レインボウ』との相互リンク(インターリンク) を通じ、オンライン掲載。




Google キーワード検索 上位表示

「エイミー・ワインハウス 追悼」「荒井由実 あの日にかえりたい」「LAST TRAIN HOME」「MAN IN THE MIRROR」「VEEDON FLEECE」「越智志帆」「WITH OR WITHOUT YOU」 「EVERYBODY IS A STAR」「ロジャー・ニコルス」「THE DRIFTER」「ニュー・オーダー GET READY」「宇多田ヒカル WAIT & SEE」「今夜はトークハード」「椎名林檎 すべりだい」「STARTING OVER ジョン・レノン」「メイシー・グレイ I TRY」「フリートウッドマック DREAMS」「エルヴィス IF I CAN DREAM」「竹内まりや ブルー・ホライズン」「スプリングスティーン STOLEN CAR」ほか

【検索エンジンやブラウザ、PC or モバイルの種別等で変動】。

アクセス、各種シェアリンク、読後メール他

多数のフィードバックありがとうございます。御感想等のメール、国内の商業務全般に関するご照会やお問い合わせなどは こちら へ。

文筆以外のご照会・ご依頼 [データベース、選曲、構成、オフィス+施設環境構築、スクリプト、企画監修ほか] は2016年11月までは こちら からもご連絡可能です (スタッフを経由)。

great stuff 2



Terms of Use, Copyright © 2016 The Art of Listening. All Rights Reserved.







▲ back to TOP ▲
inserted by FC2 system